消費者金融

090金融

新手のヤミ金融

電話一本で簡単申し込みのうたい文句で有名な090金融。西日本から拡販したと言われ、勧誘チラシには毎度の「 090」で始まる携帯電話の番号しか記載されず、正体は一切不明の新手のヤミ金融である。電話一本で簡単にお金が借りられるということで、一時期爆発的なブームを呼んだことは記憶に新しい。個人と個人を結ぶ携帯電話は究極の内緒話のアイテムといえよう。面と向かっていえないことでも、電話ならば簡単に言えてしまうのが電話である。更にこれが携帯電話となれば、時と場所を選ばないだけより容易になってしまう。恥を忍んで消費者金融の事務所に足を運んで、自分の娘ほどの年齢の事務員に頭を下げる必要も全くない。誰も見ていない場所でこっそりお金を借りることが可能なのが090金融の最大のメリットである。しかし、こんなおいしい話には裏があるのが世間の常。090金融の殆どが法廷外の暴利をむさぼる裏業者であることは肝に銘じなければならない。事務所もノウハウも殆ど必要なく、背後に暴力団がいて無知な人をとことん追い込んでいくという。090金融のシステムとは、電柱などに貼るチラシやインターネットなどの広告、あるいは他の裏闇金融と同様、多重債務者や自己破産者のリストを入手してダイレクトメールを送付したりして、いわゆる営業をかける。無論、ダイレクトメールには連絡先の住所などは一切記載されていない。ただ業者名と携帯電話の番号が記載されているだけ。そこに電話をかけると、一万円から五万円くらいまでは即日融資する。この貸付額が小額なのが特徴である。そして待ち合わせ場所に車で乗りつけ、窓越しに現金を渡すという方法が大半を占めるのだ。客からの返済用窓口の開設も至って簡単。借りた側の本人に新規の口座を開設させるのだ。借り手にはカードを持たせて金利を振り込ませ、業者は通帳と印鑑をキープしておく。こうすれば顧客の入金状況の確認と引き出しが簡単に、そして確実に履行されるのだ。

即日融資

くれぐれも闇金融業者には注意

また、借用書も交わさない。その代わり電話番号や勤務先、配偶者の実家、親兄弟の連絡先まで申告を強要される。そして返済が少しでも遅れれば、本人のみでなくこういった周りの人たちにまで脅迫まがいの電話がかけられてくることになる。正体がなかなか掴めず、弁護士が電話番号を照会しても業者までたどりつくことは出来ない。使用する携帯電話や車は顧客の借金のカタとして取り上げたものを使う業者も多いので、そこから足がつくことは滅多にないのである。最近では銀行口座や足のつかない携帯電話の売買がインターネットを介して横行している。その殆どがこのようなお手軽闇金業者たちによって使用されているというから末恐ろしい。くれぐれも裏闇金業者の勧誘には注意が必要である。