消費者金融

返済に困ったら

支払いが滞るとさまざまな問題が発生します。サラ金などの貸金業者は返済が滞らないかぎり、お得意さんですので愛想よく接してくれますが、いったん支払いが遅延したりすると、厳しく取り立てがなされます。家庭や職場に電話や書面による督促があり、返済するまでこの対応に追われることになります。こうした取立てで貸金業規正法などに違反する行為は監督行政庁に訴えることができます 。また、保証人がいる場合には、保証人共々債権の整理について考えることになります。支払遅延が継続する場合、業者も手をこまねいているわけにはいきませんので、連帯保証人を立てるように要求したり、土地家屋などの不動産がある場合には担保の差出を要求してくるようになります。

即日融資

保証人の請求

A保証人への請求 保証人がいう場合、保証人への請求がなされます。保証人に返済の資力があればよいのですが、そうでない場合には保証人共々債務の整理について考えることになります。なお、保証人が支払った場合は、借りた本人に返してもらう権利があります。B保証人などの担保の要求 支払い遅延が続く場合、業者側もただ手をこまねいているわけにはいきません。そこで、連帯保証人をたてるように要求したり、土地家屋などの不動産がある場合には、担保の差し出しを要求してくることになります。
C業者がおこなう債権回収の法的手段 業者などの債権者が使う法的手段は、公正証書の作成、支払い督促、起訴、強制執行などがあります。返済困難になったらすぐに専門家に相談するのが良いでしょう。任意整理や自己破産は、金銭貸借などに関する法律知識や裁判所に対する手続きなどの専門知識が要求されます。本人で交渉や裁判所に対する手続きもできませんので、とにかく専門家に相談する必要があります。