消費者金融

ブラックリストとは

信用情報機関

日本には4つの消費者金融信用情報機関があります。サラ金や銀行、信販会社などから金銭を借りたりカードを使って 商品を購入した場合には、その利用者の利用データや支払い状況がコンピュータに登録され、管理をされることになります、このような消費者に関する情報を管理しているのが消費者金融信用情報機関です。クレジットの返済日が一日でも遅れたら、そのことも消費者に関する情報として登録されてしまいます。
  • @シーアイシー・・・信販系の情報センター設立し、メーカー系も加入。
  • A全国信用情報センター・・・サラ金業界が設立。
  • B個人信用情報センター・・・銀行協会の中に設立された信用情報期間。
  • Cセントラルコミュニュケーション・・・外資系消費者金融信用会社によって設立。
@〜Bは互いにブラック情報を交換

即日融資

借入金額の自己申告

自分の会社の与信のシステムにどれだけ自信を持っていたとしても、どうにもできないことがありま す。新規の申込者が他社でどのような利用をしていたのか、また、現在の借入金はどれほどあるのか、といった自社以外での利用状況を知ることができないのです。もちろん、新規申込時、申込書には他社の借入金がいくらあるのかを記入する欄があるのですが、全員が正直に書くとは限りません。もちろん、キャッシング会社もそれをそのまま信じることはありません。そのために、信用情報機関に加入し、他社での利用履歴などを知ろうとするのです。