消費者金融

消費者金融とは

消費者金融の発祥

消費者金融とは、その発祥は団地金融にあるとされています。団地の主婦相手に小口の融資を行 ったのが始まりのようです。一時、庶民金融と呼ばれていましたが、現在は消費者金融というのが一般の呼称名です。この名称の変化にも現出されているように、サラ金業界は大きく成長していきました。殊に、ここ数年続いている低金利、金余り状況による低利の資金調達を背景に、多くの大手消費者金融会社は株式市場で店頭公開するに至った後、銀行系に吸収統合されていきました。

自己破産の増加

このように大手消費者金融は成長の 一途をたどっているようですが、一方の利用者(消費者)側の一部は、返済ができずに自己破産するケースも増加しているようです。サラ金は銀行などの融資と比較して、手続きも簡単で、50万円以内であれば、無担保無保証で直ぐに現金を手にすることができます。しかし、無担保、無保証で現金を手に出来る裏には、高金利と支払いが滞ったりした場合の厳しい取立てがるのも現実です。利用する前に、家族や知人から借りることができないのか、公的融資を受けることができないのかを検討されたほうがよいでしょう。