消費者金融

毎月の支払い軽減方法

消費者金融や信販会社の金利はキャッシングと比較すると幾分出遅れた感は払拭できませんが、ようやくは大半のクレ ジットカードのキャッシング枠の貸付金利は18%以下の設定となっています。生まれて初めて消費者金融で借入をする方は当然他社借入暦もないので、定収入(アルバイトやパート、契約社員も含)があるのでしたらどの消費者金融でも審査で落とされることもないでしょう。したがって、少しでも金利の低い消費者金融から借入をすべきです。また、他社から借入のある方も、金利の高い消費者金融会社から借入をしているのであれば、少しでも金利の低い消費者金融に借り換えをすべきですし多重債務(多数の金融会社に借入がある状態)で苦渋している人も、より金利の低い消費者金融でおまとめローン一本化が達成できれば毎月の支払い額の軽減は大きいです。毎月の支払額が減額されれば、多重債務の苦渋から少しでも解放されるはずです。

即日融資

自己破産の増加

なお、基本的には次回の支払日に全額一括返済になります。支払い総額が低ければさほど問題になりませんが、一括返 済になると多重債務による自転車操業へと陥るリスクも払拭できず、いずれは自己破産等の債務整理へ向かうことになりかねません。リボ払いの専用クレジットカードも消費者金融のご利用には便利な消費者カードといえるでしょう。リボルビング払いならばショッピングのご利用もキャッシングの利用も、毎月の返済額は自分で決定することが可能なので、自転車操業に陥るリスクは軽減できます。審査上では、申し込 み時における他の消費者金融会社からの借入総額の状況や申し込み状況も重要な観点になります。年収等の収入条件が良好であっても、他社からの借入総額が多かったり返済を度々滞納したりしていれば審査の評価は低くなります。また、一時期の間に他社へ何件も借入の申込みをすれば業者間で共有している信用調査機関の情報から多重申込者と判定され、審査が厳しくなっていきます。他社の借入総額がどの程度であ れば貸付を実行するかの基準は、各消費者金融キャッシング会社によって相違しますが、基準内であっても虚偽申告をすれば貸し付けを享受されない場合もありますので注意が必要です。